基本のサプリを飲むと太るのか?

人気を集めている更年期対策サプリメントの基本のサプリですが、飲んでいると太るのでは ?
といった心配をされている人も多いようです。
そこで基本のサプリを飲むと太ってしまうのか?についてご説明していきたいと思います。

 

まずは基本のサプリ自体に太りやすい成分や原料などが配合されているのか?
ということですが、基本のサプリの主な成分は大豆由来の
イソフラボンとブドウの種子から抽出しているポリフェノールとなっています。

 

イソフラボンにしてもポリフェノールにしても摂取することで太りやすくなるという性質はありません。
ただイソフラボンに関しては多めに摂取してしまうと太るのでは? といった誤解があるみたいです。

 

 

というのも、イソフラボンお豆腐、豆乳などの大豆食品から摂取しようとしたら、
それ相応の分量が必要になってきます。
いつもの食生活に大豆の製品を多くすることで摂取するカロリー量が増えてしまって、
結果的に太ってしまう、ということもあるみたいです。

 

キッコーマンから発売されている基本のサプリでは、
イソフラボンの中でも腸で吸収されやすいアグリコンタイプのものが30 ミリグラム配合されています。
だからイソフラボン摂取のために無理に食事を増やしたいする必要はないのです。

 

 

基本のサプリの公式販売ページ

 

 

 

更年期は太りやすいのか?

 

これ以外にも基本のサプリを飲むことで太ると考えられる理由があります。
それは更年期障害特有の体の代謝の低下なんです。
更年期障害は女性ホルモンが少なくなってくる影響で、
体の代謝機能が低下してしまい、以前と同じような食事量でも太りやすくなってしまいます。
よって、ちょうど太りやすくなってきたタイミングにイソフラボンの健康食品を飲み始めて、
太ってしまったと思ってしまう人もいるみたいです。

 

しかしイソフラボンを飲み続けることで、体にとっては良い効果が期待できるのです。
イソフラボンは体内に入ると、女性ホルモンに似た働きをしてくれます。
女性ホルモンには悪玉コレステロールの排出をする作用があります。
ですからイソフラボンを飲用し続けることで脂肪などを溜め込みにくい体を作ることができるのです。

 

基本のサプリを活用することで、太るのじゃなく、太りやすくなる更年期の体調をバッチリ支えることができるのですね。
もちろん 健康食品とは言えども取り過ぎは体調に思いも寄らないストレスになりますので、
1日あたり2粒をしっかり守って飲むことを意識しましょう。

 

 

 

 

基本のサプリの公式販売ページ

 

 

 

 

基本のサプリ